症例

こけた頬の3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)症例写真(女性/31歳)

31歳の女性。頬のコケを改善したいが、あまりふっくらさせたくない、自然なベビーフェイスにしたいというご相談でいらっしゃいました。 このようなお悩みには、3Dセルリフトです。まず、本来ボリュームのあるべき位置に吸収性の特殊な糸を挿入し、皮膚のたるみを元の位置に戻すと同時に、脂肪の注入スペースを確保します。顔全体のバランスを考慮し、適切な位置に良質な脂肪を注入することで自然な立体感となります。 「若い感じになれました、施術を受けて本当に良かった」と、大変喜んでいただけました。

こけた頬の3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)に関連するモニター・キャンペーン

  • 3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)

    進化した脂肪注入技術で実現した顔のリフトアップ施術

    3D Cell Lift(3Dセルリフト)は、単なるリフトアップではなく、老化で失われた顔の立体感をも取り戻すアンチエイジング施術です。ステムセル(幹細胞)を豊富に含むファットセル(脂肪細胞)を計算して注入する高度な技術力が、自然な仕上がりを実現します。

    3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)

    • モニター2

PAGE TOP

関連するコラム

関連するまとめ記事