症例

こけた頬の3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)症例写真(女性/42歳)

お顔のアンチエイジング相談でいらっしゃいました、42歳の女性です。「目の下の影とくま、頬の高さからこめかみにかけて痩せてしまうのが悩みです」とのこと。 加齢で脂肪が落ちてしまい皮膚のたるんだお顔に、若い頃の立体感を取り戻してあげることで、この方のお悩みは解決します。 従来のフェイスリフトや、糸を挿入して引き上げるリフト方法では、たるみはなくせますが自然な立体感までは取り戻すことができません。3Dセルリフトが最適です。 まず、本来ボリュームのあるべき位置に吸収性の特殊な糸を挿入し、皮膚のたるみを元の位置に戻すと同時に、脂肪の注入スペースを確保します。顔全体のバランスを考慮し、適切な位置に良質な脂肪を注入することで自然な立体感となります。 写真の通り、こけていた頬がふっくらと上がって、若い頃の輪郭を取り戻すことができました。肌艶も改善され、大変満足いただける結果となりました。

こけた頬の3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)に関連するモニター・キャンペーン

  • 3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)

    進化した脂肪注入技術で実現した顔のリフトアップ施術

    3D Cell Lift(3Dセルリフト)は、単なるリフトアップではなく、老化で失われた顔の立体感をも取り戻すアンチエイジング施術です。ステムセル(幹細胞)を豊富に含むファットセル(脂肪細胞)を計算して注入する高度な技術力が、自然な仕上がりを実現します。

    3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)

    • モニター2

PAGE TOP

関連するコラム

関連するまとめ記事