症例

目の下のクマのマイクロCRF注入(顔の脂肪注入)症例写真(女性/46歳)

46歳の女性です。「目の下の窪みが気になるが、PRPと脂肪注入のどちらが効果的ですか?」とのご質問がありました。ご年齢による皮膚のたるみも見受けられましたので、研ぎ澄まされた脂肪であるマイクロCRF(コンデンスリッチファット)の注入をおすすめしました。PRPと違い、マイクロCRFは注入個所に定着したら半永久的です。また肌質改善の効果もあります。写真の通り、すっきりとした若々しい目元になりました。今回は窪み部分へのマイクロCRF注入のみ行いましたが、この方の場合は、もともと目の下に脂肪があるために窪みがより目立っていたので、ふくらみの原因である脂肪を除去したらより良くなるでしょう。

目の下のクマのマイクロCRF注入(顔の脂肪注入)に関連するモニター・キャンペーン

  • マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)

    自分の脂肪組織で若返るコンデンス(濃縮)技術が可能にした最先端再生医療

    再生医療の分野で注目の高まる脂肪注入技術。なかでも不純物を取り除いたコンデンスリッチファット(CRF)をさらに濃縮し、採取した脂肪から10%しかとれない厳選された注入素材がマイクロCRFです。豊富に含まれる幹細胞の作用で肌が再生し、根本から若返ります。

    マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)

    • キャンペーン1

PAGE TOP

関連するまとめ記事