傷跡(傷痕)

症状をよく診て、適切な治療・ケア方法を

ケガや事故、または以前手術を受けた所の傷跡(傷痕)が残っているということはありませんか?瘢痕(はんこん)とも言われることがありますが、たいていまず赤味があり、次第に色濃くなる、つまり色素沈着している可能性があります。また、大きなものですと皮膚の凸凹になっている場合もあります。症状をよく診て、適切な治療、ケア方法をとる必要があります。
ちょっとした傷跡(傷痕)でも、やはりお化粧がのらなかったりすると逆に目立ってきてしまうもの・・・。是非、ご相談ください。

傷跡(傷痕)に関する施術一覧

  • SRF注入(ステムセルリッチファット注入)

    高濃度幹細胞で肌年齢を巻き戻す若返り治療

    メスを使わずに、お顔の若返りを叶えるステムセルリッチファット注入。高濃度に濃縮した自身の脂肪幹細胞を注入することでシワ・たるみなどの老化現象を改善します。周囲に気付かれることなく、肌年齢を巻き戻す最新の若返り治療です。

  • 傷跡(傷痕)の修正

    盛り上がった傷跡(傷痕)や凹んだ傷跡(傷痕)を目立たなく

    子どもの頃に出来た傷跡や、やけどの跡などは、膨らんでいる場合や凹んでいる場合など、症状が様々です。そんな傷跡を目立たなくする方法はひとつではありません。最も適した方法でキレイにする事が出来ます。

PAGE TOP

傷跡(傷痕)に関するコラム

傷跡(傷痕)に関連するまとめ記事