ページトップに戻る

日本人なら横顔整形!? 鼻・顎のEライン(イーライン)が美人の秘訣

意外にも、横顔は顔の正面より見られているもの。そこで、今回は鼻と顎を結ぶEライン(イーライン)に基づいた横顔美人の評価法と、美容整形での改善法をご紹介します。果たして、横顔美人の条件とは?

横顔美人を意識した「Eライン整形」が今アツい!

横顔美人を意識した「Eライン整形」が今アツい!

ほとんどの方は、自分の顔を鏡で確認し美人度の自己評価をつけます。そのため、顔の正面からのチェックしか行わない状態でコンプレックスを感じたり、美容整形を検討したりするケースも見受けます。しかし実際、周囲からは顔の正面より横顔を見られている機会の方が圧倒的に多いのです。昨今は、その事実に気付いた美意識の高い日本人女性たちの間で、〝Eライン(イーライン)〟を意識した横顔整形がブームとなっています。
「豊頬手術で若返り!? 注目される理由と納得の症例画像」「痩せた額はNG! 丸いふっくらおでこが美人ポイント」で紹介した頬やおでこのRライン、「『顔の脂肪吸引』成功デザイン学 -成功の鍵は自然なV字ライン-」で触れた顎のVラインなど、美には基準となるものが存在します。なかでもEラインとは、鼻の先端と顎(あご)の先端を結んだ直線のラインのこと。このライン上もしくは内側に口唇が収まっていることが、上品な美人要素と言われているのです。
これは、アメリカの矯正歯科医ロバート・リケッツ氏が発見した軟組織分析法のひとつ。エステティックの頭文字をとってEラインと名付けられた、分かりやすい横顔美人の評価基準です。日本でも、Eラインビューティフル大賞という祭典があり、女優の黒木瞳さんや武井咲さんが受賞し話題になりました。

横顔美人度アップ! 鼻と顎のEライン整形の方法

元来、日本人はのっぺりと平たい顔立ちのため、Eライン(イーライン)の評価基準を満たせる人はなかなかいません。しかし、平たい顔は鼻筋を高くし、顎(あご)の先端を前方に向かって少し出すだけで基準を満たせる方が多いため、THE CLINICではゲストや女性スタッフからのリクエストが増えています。
以前はプロテーゼ挿入といった整形術が主流でしたが、傷やかゆみを伴う合併症のリスクが高いため、現在はほとんど行われていません。代わって、傷が特に気になる顔に注射1本で済む、ヒアルロン酸注入やレディエッセといったプチ整形が手軽さから人気に。しかし、ヒアルロン酸にしろレディエッセにしろ効果の持続に限りがあります。約半年〜2年で吸収されるので、お試しやプチ整形をご希望の方以外は、1回の施術で半永久的な効果が得られる脂肪注入、マイクロCRF注入がおすすめ。自己脂肪なので副作用やアレルギーなどのリスクは低く、極小の粒子は形の微調整がしやすいので自然な仕上がりに。整形後のダウンタイムもほとんどなく、翌日からメイクができるほど低負担です。 Eラインを基準にした効果的な横顔美人を目指すなら、マイクロCRF注入が現在のベスト方法なのは間違いないでしょう。

コラムのポイント

  • Eライン(イーライン)を意識した横顔整形がブーム
  • ヒアルロン酸やレディエッセによるEライン整形の効果はあくまで時限的
  • Eライン整形をマイクロCRF(脂肪注入)で行えば、効果は半永久的でかつ安全。