ページトップに戻る

寝てる間に脂肪吸引? 無痛を叶える麻酔術

麻酔は、施術の痛みや恐怖感を大きく左右します。実は、クリニックによって麻酔の使い方が異なるのです。脂肪吸引の無痛を叶える麻酔とは? このコラムでは、気になる麻酔の裏話に迫ります。

施術の明暗を分けるのは麻酔法

脂肪吸引や豊胸手術を検討している人が、ダウンタイムや効果と並んで気にされるのが “麻酔” について。過去の麻酔での強い痛みや恐怖心がトラウマになった、という声もよく聞きます。ところが、ベイザー脂肪吸引コンデンスリッチ豊胸の体験談サイトにもあるように、THE CLINICで施術を受けたゲストのほとんどが「眠っているうちに終わっていた」とのコメントを寄せています。同じ施術を受けているのに、クリニックによってなぜこんなに差があるのでしょう? 実はこれ、“麻酔法”に鍵があるのです。

2種類の麻酔を併用するリスク

2種類の麻酔を併用するリスク

脂肪吸引を行う場合、他院のほとんどは硬膜外麻酔と静脈麻酔を併用しています。「手術で気になる麻酔の種類」でも触れたように、背中の脊椎近くに細い管で麻酔を導入する硬膜外麻酔は、分類的には局所麻酔。意識がある状態での手術なので、その恐怖感はかなりのものに。そのため、点滴で眠った状態になる静脈麻酔を併用しているのです。
しかし、この麻酔法にはリスクが……。実は、意識がないため呼吸が抑制される静脈麻酔と、呼吸を司る脊椎近くに麻酔をかける硬膜外麻酔を同時に行うと、呼吸が止まってしまう恐れがあるのです。このリスクを避けるには、静脈麻酔の効きを弱くせざるを得なくなります。「意識がぼーっとある中で、ゴリゴリと脂肪を搔き取られる感覚がとても不快だった」というネット口コミは、静脈麻酔が弱過ぎたことを表している一例と言えるでしょう。

麻酔法から分かる吸引技術の良し悪し

麻酔法から分かる吸引技術の良し悪し

ではなぜ、恐怖感を回避できる静脈麻酔だけで手術を行わないのでしょう? それには、ドクターの技術力が関係しています。
脂肪吸引は体内に挿入したカニューレを脂肪組織内で動かすため、少なからずダメージが生じます。このカニューレの操作が雑だったり、未熟だったりした場合、よりダメージは大きくなり、呼吸が抑制されない範囲での静脈麻酔では痛みを抑えきれなくなるのです。すると、痛みから患者が暴れだしてしまうことも……。つまり、静脈麻酔だけで“行わない”のではなく、“行えない”と言った方が正しいのかもしれません。

当院が静脈麻酔だけで脂肪吸引できる2つの理由

当院が静脈麻酔だけで脂肪吸引できる2つの理由

そんな中、THE CLINICの脂肪吸引はほとんどのケースで静脈麻酔のみ。それは、ご紹介した様な問題をクリアすることができるからです。ひとつは脂肪吸引の技術力。適切な箇所からカニューレを挿入し、痛みが生じにくいようカニューレ操作のスピードやストロークの幅など、部位によって細かく調整。ダメージを最小限に抑える配慮がなされているのです。そういった面が評価され、国内ドクターへの技術指導も任されています。
もうひとつは、ドクターをサポートするナースの存在。ドクターが100%のパフォーマンスを発揮できるのは、ナースたちの全身管理能力の高さとサポート力も大きいでしょう。それは、ドクターに「大学病院などのオペ室ナースに引けを取らないスキル」と言わしめるレベル。手術中の細かいゲストの異変も見逃さず、何か起こる前にドクターに指示を仰ぎ、的確な対処を行うナースたちがいるからこそ、THE CLINICのドクター陣は安心して手術に集中することができています。このようなクリニック全体の経験値とチームワークが整っているため、安全かつ痛みを感じさせない脂肪吸引や豊胸手術を実現できるのです。

コラムのポイント

  • 静脈麻酔と硬膜外麻酔の併用は麻酔トラブルのリスクが上がる
  • 静脈麻酔のみの施術を行うには、ドクターの高い技術力が求められる
  • ドクターが100%力を発揮するには、ナースの全身管理能力が不可欠