ページトップに戻る

お悩み相談集

乳がん摘出後に脂肪を注入ししこりが出来ています

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

Qお客様の相談
以前、乳がんで4分の1を切り取り、同時再建でお腹の脂肪だけを充填しました。おそらく遊離皮弁法という手法です。それからすぐ、脂肪が壊死し、固くなったまま7年が過ぎました。この壊死した脂肪の塊も柔らかくなるのでしょうか?総合病院の医師からは、無理だと言われ、ずっと諦めておりました。
もし柔らかくなるのなら、どの程度でしょうか?
Aドクターの回答
壊死した脂肪が被膜で包まれて硬くなっているのかもしれません。
硬い部分はエコーである程度診断が可能です。
死んだ脂肪のせいで硬くなっている場合には硬くなった部分が自然に柔らかくなる可能性は低いでしょう。
その場合、硬いしこり部分だけを切除するか、切除した後にしこりにならないように細かく分けて(場合によっては複数回)脂肪を注入することで柔らかく自然な胸にすることができるかもしれません。
一度診察させていただけるとより具体的なアドバイスができると思いますので、一度お気軽にカウンセリングにいらしてみてください。

無料メール相談

上記に関するご相談

上記に関する施術

  • 乳がん後の乳房再建リタッチ外来

    シリコンバッグの不自然さを良質な脂肪で自然に形成

    乳がん後の乳房再建リタッチ外来乳がん全摘手術後にシリコンバッグで乳房再建された方へ。デコルテからバス...

    乳がん後の乳房再建リタッチ外来乳がん全摘手術後にシリコンバッグで乳房再建された方へ。デコルテからバストへの不自然なラインやリップリングにお悩みではありませんか? それは全摘手術後だと、ほぼ全例で見られる症状です。乳腺用エコーで原因を把握、最善の改善方法をご提案します。

    • 続きを読む▶
    • 閉じる▶