ページトップに戻る

お悩み相談集

頬から口元にかけてのたるみの改善にはどの方法が良いですか?

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

Qお客様の相談
頬から口元にかけてのタルミ、ゴルゴライン、マリオネットライン、下垂による顎のシワの悩みです。仕事は2連休くらいしかとれません。
3Dセルリフトは半永久さが魅力的ですがダウンタイムは数日と記載されていて、また、具体的にどのような施術後のリスクがあるのか気になります。
もし、他の切らないリフトアップでダウンタイムがほぼなしのおすすめの施術があれば教えて下さい。
Aドクターの回答
気にされている状態を改善するには3DセルリフトとマイクロCRFが最も効果的です。
定着すれば半永久的ですし、ダウンタイムも少ない施術なのでおすすめです。
術後は2~3日ほほが多少腫れますが、メイクでカバーできる程度です。内出血の可能性もありますが、先が丸い針を使用しますので頻度は少な目です。
一度お気軽にカウンセリングにいらしてみませんか。状態を診てベストな提案をさせていただきます。

無料メール相談

上記に関するご相談

マイクロCRF注入

3D Cell Lift(3Dセルリフト)

上記に関する施術

  • マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)

    自分の脂肪組織で若返るコンデンス(濃縮)技術が可能にした最先端再生医療

    マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)再生医療の分野で注目の高まる脂肪注入技術。なかでも不純物を取り除いたコンデンスリッチファット(CRF)をさらに濃縮し、採取した脂肪から10%しかとれない厳選された注入素材がマイクロCRFです。豊富に含まれる幹細胞の作用で肌が再生し、根本から若返ります。

  • 3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)

    進化した脂肪注入技術で実現した顔のリフトアップ施術

    3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)3D Cell Lift(3Dセルリフト)は、単なるリフトアップではなく、老化で失われた顔の立体感をも取り戻すアンチエイジング施術です。ステムセル(幹細胞)を豊富に含むファットセル(脂肪細胞)を計算して注入する高度な技術力が、自然な仕上がりを実現します。