THE CLINIC まとめ

豊胸手術と乳がんの関係ってどうなってるの?! よくある2大質問

豊胸手術と乳がんの関係ってどうなってるの?! よくある2大質問

「豊胸手術をすると乳がんになりますか?」「豊胸後は乳がん検査を受けられないんですか?」という質問をよく受けます。これは、豊胸手術を検討している方なら、一度は気にされるポイントではないでしょうか。そこで、今回は豊胸手術と乳がんの関係について詳しく解説します。

豊胸と乳がんの因果関係はゼロ?

豊胸手術をすると乳がんになる?

乳がんが発生するのは、乳腺組織内。一方脂肪注入やヒアルロン酸、シリコンバッグ豊胸でアプローチするのは、脂肪層や乳腺下、大胸筋下です。そのため、これらが乳腺内に作用して乳がんを引き起こすことは考えにくいとされています。
また、豊胸手術で乳がんの発生率が上がるということを支持する科学的裏付けはなく、両者に因果関係はないと見るのが有力です。

豊胸手術後の乳がん検査は可能?

豊胸後でも乳がん検査は可能です

結論から言うと、シリコンバッグ豊胸については要注意です。現在、日本の乳がん検査は「マンモグラフィー」と「エコー」の2つが主流ですが、シリコンバッグが胸に入っていると、マンモグラフィーを断られてしまう可能性があります。マンモグラフィーは胸をはさんで検査をするため、シリコンバッグを破損させてしまうリスクがあるからです。シリコンバッグ豊胸をご検討中の方は、こうしたリスクを十分に理解した上でご決断いただければと思います。

シリコンバッグ豊胸を受けてしまったあなたもあきらめないで!

他院修正の失敗外来

すでにシリコンバッグ豊胸を受けた方は、どうすれば気兼ねなくマンモグラフィー検査を受けられるようになるのでしょう? 同じように悩んでいらっしゃる方は、シリコンバッグの除去という選択をされることが多いようです。当院ではそのような方たちのための専門窓口「豊胸シリコンバッグ外来」を設けています。シリコンバッグの除去(抜去)だけでなく、除去と同時の脂肪注入豊胸にも対応するので、バストのサイズ感が大きく損なわれることもありません。「いくらバストアップが実現しても、乳がんの恐怖におびえ続けるのはイヤ!」そんな風にお考えであれば、ぜひご相談ください。安全な対処法をご提案いたします。

関連するコラム

関連するお悩み相談

PAGE TOP