THE CLINIC まとめ

痩せ型でもできる! コンデンスリッチ豊胸の驚き症例まとめ

痩せ型でもできる! コンデンスリッチ豊胸の驚き症例まとめ

痩せ型の人は難しいと思われている脂肪注入豊胸。確かに脂肪が採取できないことを理由に、断るクリニックも少なくないようです。しかし、痩せている方でも諦める必要はありません。THE CLINIC のコンデンスリッチ豊胸でバストアップした、痩せ型の方の症例を参考にしてみてください。

【Case1】2回に分けて行ったコンデンスリッチ豊胸

【Case1】2回に分けて行ったコンデンスリッチ豊胸

写真を見ても分かるように、採取する脂肪がないようなとても痩せ型の方です。ご希望の大きさにするために選択した方法は、2回に分けてコンデンスリッチ豊胸を行うというものでした。
初回は、ベイザー脂肪吸引で太ももの前と内側から、2回目は二の腕から脂肪を採取。コンデンスリッチ豊胸による自然なバストアップはもちろん、採取部位の二の腕が細くなったことにも満足して頂けました。

【Case2】コンデンスリッチ豊胸×豊胸器具BRAVAを併用

【Case2】コンデンスリッチ豊胸×豊胸器具BRAVAを併用

こちらのゲストは身長153cm、体重32kg 、BMI値 13 と、とても痩せている方です。授乳歴もなく胸の皮膚に余裕がない状態だった為、皮膚や組織を拡張する豊胸器具BRAVA(ブラバ)を併用することにしました。
術前の2週間装着してもらった結果、片胸166ccずつの脂肪を注入することに成功。BRAVAの効果で血流が増えたことが定着率アップにも繋がり、脂肪を無駄にすることなくバストアップすることができました。

【Case3】シリコンバッグ抜去と同時のコンデンスリッチ豊胸

【Case3】シリコンバッグ抜去と同時のコンデンスリッチ豊胸

他院でシリコンバッグ豊胸の経験があるBMI値16.8の痩せ型の方です。エコー検査の結果、右のバッグが破損していることを確認。見た目にも拘縮していることが分かりました。
注入用の脂肪は、広い面積(太もも全周)から細くなり過ぎないように無理なく採取。手術1ヶ月後は左右差もほとんどなく、とても自然なバストになりました。

【Case4】コンデンスリッチ豊胸でデコルテもふっくら

【Case4】コンデンスリッチ豊胸でデコルテもふっくら

30代後半、痩せ型の方のケースです。他院で「採取する脂肪がないからシリコンバッグ豊胸しか方法がない」と言われたそう。しかし、痩せ型の方はデコルテにも脂肪がなくあばら骨が浮き出ていることが多いため、シリコンバッグ豊胸では不自然になってしまいます。
実際はベイザー脂肪吸引を使うことで、十分な脂肪量を採取することができました。コンデンスリッチ豊胸によってデコルテ部分もふっくらし、自然で綺麗なバストに仕上がりました。

関連するコラム

関連するお悩み相談

PAGE TOP