THE CLINIC まとめ

口コミを徹底解析!
脂肪注入豊胸後にやってはいけないこと

口コミを徹底解析!<br/> 脂肪注入豊胸後にやってはいけないこと

自然な仕上がりが長期間持続する脂肪注入豊胸は、THE CLINIC が最もおすすめする施術の一つ。
そんな脂肪注入豊胸にまつわる「やってはいけないこと」を、お寄せいただいた口コミ情報を元にまとめました。
脂肪注入豊胸のメリットを最大限に引き出すため、是非参考にしてみてください。

口コミからの教訓1:脂肪注入後は揉んではいけない!

口コミからの教訓1:脂肪注入後は揉んではいけない!

脂肪注入豊胸後にマッサージをすると、定着率が落ちてしまいます。つまり、せっかく注入した脂肪の多くが組織に根付かずダメになってしまうのです。マッサージによって脂肪が集められて塊になると、血流からの栄養や酸素の供給が困難になり、ひいては脂肪の壊死やしこりの原因にもなります。脂肪注入後3ヵ月程度は、マッサージを控えましょう。

口コミからの教訓2:脂肪注入後は痩せないようにする!

口コミからの教訓2:脂肪注入後は痩せないようにする!

脂肪注入豊胸後は、注入脂肪を生存させられるように、ある程度のエネルギーを確保する必要があります。ですから脂肪が定着する手術後3ヵ月程度は、できるだけ極端なダイエットは避けるように心がけてください。栄養不足、血流不足(脱水)は脂肪が生き延びるのにふさわしい環境ではありません。

口コミからの教訓3:脂肪注入後はタバコを吸ってはいけない!

口コミからの教訓3:脂肪注入後はタバコを吸ってはいけない!

喫煙は、脂肪の定着に悪影響を及ぼします。繰り返しになりますが、脂肪が組織に定着するには、注入脂肪全体に酸素や栄養が潤沢に行き渡る必要があります。しかしタバコに含まれるニコチンには末梢血管を締め付ける作用があるため、喫煙によって血行が悪くなってしまうのです。定着が完了する3ヵ月間は禁煙(無理ならせめて減煙)されることをおすすめします。

口コミからの教訓4:脂肪注入後は冷やし過ぎてはいけない!

口コミからの教訓4:脂肪注入後は冷やし過ぎてはいけない!

脂肪注入豊胸手術後にバストを冷やすことは、バストの腫れを落ち着かせるだけでなく、定着率を高めるメリットがあると言われており、脂肪豊胸に関する多くの学術書でも冷却ケアを推奨しています。しかし、冷やし過ぎは血流を悪くし、かえって定着を悪くさせます。冷やす温度としては、熱さまし用の冷却シート程度が良いでしょう。何事も、過ぎたるは猶及ばざるが如しということです。

関連するコラム

関連するお悩み相談

PAGE TOP