THE CLINIC まとめ

アクアフィリングを溶かしたい! 豊胸後の溶解・除去方法と症例

アクアフィリングを溶かしたい! 豊胸後の溶解・除去方法と症例

数ある豊胸術の中でも、軽くて柔らかというキャッチフレーズで人気になったアクアフィリング豊胸(アクアリフト豊胸)。しかし最近、術後のトラブルが増加。そのため、アクアフィリング豊胸後に除去したいと希望するゲストが後を絶ちません。THE CLINICで行っているアクアフィリング豊胸の溶解・除去方法と実際の症例をご紹介します。

アクアフィリング豊胸(アクアリフト豊胸)のトラブル

アクアフィリング豊胸(アクアリフト豊胸)のトラブル

最近、アクアフィリング豊胸(アクアリフト豊胸)後の痛みや腫れ、しこりなどのトラブルの他に、ネットなどの口コミに不安を感じて溶解や除去を希望される方が増えてきています。
アクアフィリングは生理食塩水で簡単に溶けると言われていますが、実際に試みても生理食塩水で溶解できないケースも少なくありません。そのため、注入したクリニックにしこり除去の相談をしても「アクアフィリング豊胸後の除去は難しいのでできない」と断られることもあるようです。

アクアフィリング豊胸(アクアリフト豊胸)の溶解・除去方法

アクアフィリング豊胸(アクアリフト豊胸)の溶解・除去方法

THE CLINIC の「アクアフィリング豊胸(アクアリフト豊胸)の除去外来」では、アクアフィリング豊胸のしこりを溶解・除去する場合、まずは生理食塩水で溶かしながら吸引します。しかし、実際は溶けずに残ってしまうしこりもあるため、そういったケースでは太目の注射針で一つずつ丁寧に吸引。さらには、しこりになっていないアクアフィリングも全て取り除き、長期的な安全性も考慮した治療を行っています。

アクアフィリング豊胸後に生理食塩水で溶解・除去した症例

アクアフィリング豊胸後に生理食塩水で溶解・除去した症例

アクアフィリング豊胸(アクアリフト豊胸)後のお悩みは、硬い触感やしこりだけでなく、安全性に不安を感じる方もいらっしゃいます。実際に安全性の不安から除去を希望して来院されたゲストです。バストをエコーで確認してみると、散在している小さなしこりを発見。エコーガイド下で、アクアフィリングを生理食塩水で溶解しました。アクアフィリングは簡単には溶けず、時間の経過とともに柔らかくなり吸引できるようになります。少しずつ溶解して、吸引除去することができました。

生理食塩水で溶けずにヒアルロニターゼで溶解・除去した症例

生理食塩水で溶けずにヒアルロニターゼで溶解・除去した症例

こちらは、コンデンスリッチファットを使った脂肪注入豊胸を行うために、事前にアクアフィリングの除去を行ったゲストです。エコーで確認するとかなり厚い被膜が形成されていました。まずは通常通りに、エコーを見ながら生理食塩水を注入し、溶解・除去を試みました。ところがなかなか溶けず、ヒアルロン酸分解酵素であるヒアルロニダーゼも追加。小さなしこりも含め、なんとか溶解・除去することに成功しました。

関連するコラム

PAGE TOP